ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売】予約受付中の国内盤ダミール・イマモヴィッチ/シンガー・オヴ・テイルズ(LP)
商品分類一覧ヨーロッパライス・レコードD-Fダミール・イマモヴィッチ/シンガー・オヴ・テイルズ(LP)
ダミール・イマモヴィッチ/シンガー・オヴ・テイルズ(LP)
商品名:

ダミール・イマモヴィッチ/シンガー・オヴ・テイルズ(LP)

メーカー: ライス(Wrasse Records)  
メーカー型番: WRR-3614  
価格: 3,600 円(税抜)+税
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年3月21日発売新譜
2020年の話題作がアナログでもリリース!
サラエヴォの大衆音楽セヴダの王様ダミールが最高の布陣と共に作り出した最新作!


 ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォが生み出した大衆音楽がセヴダ。アラビア語の「愛」に由来するこの音楽は、同地がかつてオスマン帝国に支配されていた時代に起源を持ち、20世紀になると大衆音楽として大きく成長を遂げました。そのサウンドにはバルカン半島からアラブ、トルコの息吹が存分に感じられます。そんなセヴダの王様と呼ばれる音楽家がこちらのダミール・イマモヴィッチ。その彼がセヴダの奥深い魅力を紹介した2020年のCD作品『シンガー・オヴ・テイルズ』(WRR-6038)は、ピーター・バラカンさんをはじめ多くの音楽評論家筋からも大絶賛を頂きました。そんな『シンガー・オヴ・テイルズ』のアナログ・ヴァージョンが満を持して登場することになりました。
 ダミール・イマモヴィッチは1978年サラエヴォ生まれ。父や祖父もセヴダの音楽家という生粋の家系に生まれ、26歳になった2004年にプロとしてデビュー。ドキュメンタリー映画でその音楽活動が取り上げられたことがキッカケで人気を博した彼は、その後も若者たちにセヴダの魅力をアピールし続ける作品を数枚リリース。さらに2016年にはドイツの人気レーベル“Glitterbeat”からダミール・イマモヴィッチズ・セヴダ・タフトの名義で『ドヴォイカ〜セヴダへの誘い』(INR-7098)を発表、これはライス・レコードを通じて日本発売されました。
 そして久しぶりに個人名義で発表した本作は、素晴らしい音楽家やプロデューサー、エンジニアのバックアップを受け制作された極上作品となりました。まずベースを弾くのはジョン・ゾーン界隈の活躍で知られるグレッグ・コーエンで、彼はここでステディなプレイでサウンドのボトムを形成してくれました。そしてトルコの擦弦楽器ケメンチェの名手デリヤ・テュルカンといった実力ある音楽家が参加しているほか、プロデューサーにはUKフォークやプログレの台頭に大きく関与したジョー・ボイドを起用。さらにブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブなどを手掛けたジェリー・ボーイズが録音技師を担当するなど、この上なく豪華な布陣で固められています。
 もちろん最大の聴き所はダミールの力強くも絶妙なテナー・ヴォーカルによって紡がれる伝統的なセヴダで、民衆の痛みと喜びを代弁するダミールの、成熟を極めた色気ある歌声が、アナログ盤ならではの暖かい音質で存分に楽しめます。

●日本語解説/帯付き

トラックリスト
A-1. O bosanske gore snjezne
A-2. Poljem se vija Hajdar delija
A-3. Kafu mi draga ispeci
A-4. Sunce tone
A-5. Kad bi ovo bio kraj
B-1. U Stambolu na Bosforu
B-2. Adio kerida
B-3. Salko se vija
B-4. Puhni tihi vjetre
B-5. Gdje si dragi
B-6. Covjeku moje zemlje



2021年3月21日発売
DAMIR IMAMOVIC / SINGER OF TALES
レンタルサーバーASJホスティングサービス