ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
 <来日アーティスト・コーナー>
 ◆サンビーニャ・クラシックス Special Price 1000
 ■ベスト・アルバム2017 選出タイトル
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売】予約受付中の国内盤アタウアルパ・ユパンキ/1963〜1966
商品分類一覧テイクオフ&サンビーニャアタウアルパ・ユパンキ/1963〜1966
商品分類一覧ラテン/カリブライス・レコードA-Cアタウアルパ・ユパンキ/1963〜1966
アタウアルパ・ユパンキ/1963〜1966
商品名:

アタウアルパ・ユパンキ/1963〜1966

メーカー: テイクオフ&サンビーニャ  
メーカー型番: TKSB-007  
価格: 2,800 円(税抜)+税
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月31日発売予定
アルゼンチンが世界に誇るフォルクローレの最高峰
アタウアルパ・ユパンキ生誕110年記念アルバム


 アルゼンチンが生んだフォルクローレの最高峰である音楽家アタウアルパ・ユパンキ(1908ー92)。その全盛期の素晴らしさを知らしめる作品として、音楽ジャーナリストの竹村淳氏が主宰する“テイクオフ”から『1936〜1950』(TKF-2915)、『1953〜1960』(TKF-2933)、そしてそれらの続編としてテイクオフとオフィス・サンビーニャによる共同レーベル“TAKE OFF & SAMBINHA”から2016年に発売された『1962〜1965』、以上3つの編集盤がリリースされています。そしてこのたび、2018年1月のユパンキ生誕110年を記念して“TAKE OFF & SAMBINHA”より新たな編集盤がリリースされることになりました。
 アルゼンチンで生まれたユパンキは幼少のころに民謡の宝庫でもある国の最北部に移り、そこで音楽の土台を築きあげます。20歳ぐらいになるとそんな伝統音楽を吸収した作曲も開始し、1936年、28歳で初めての録音を経験。それから50年代になると渡欧を経験しそこで名声を確立すると、アルゼンチンとヨーロッパを行き来して録音をたくさん残し、ついには世界中の音楽ファンから親しまれるようになりました。64年には記念すべき初来日を果たしています。
    *           *

 1960年5月を最後にしばらく録音から遠ざかっていたユパンキは、62年6月に録音を再開すると、67年8月にかけて数多の名録音を遺した。そのうち1962年から1965年にかけての主な録音は好評発売中のアルバム『アタウアルパ・ユパンキ 1962〜1965』(TKSB-004) に聴ける。
 いつもは一人で孤高の弾き語りを繰り広げるユパンキとしては極めて珍しい録音を本作に収録。フォルクローレ・ユニット、ロス・カントーレス・デ・キジャウアシや“エル・チュカロ”ことサンティアゴ・アジャラらとの共演がそれで、巨人の新たな側面が窺い知れる。ちなみにこれは1965年にブエノス・アイレスのアストラール劇場で上演されて評判となったショー “Magia Misterio del Folklore フォルクローレの魔力と神秘”の成功を記念して作られた同名のLPからユパンキの出演部分を収録したもの。そして1966年にユパンキがアルゼンチン・オデオンに遺した9曲から名演の誉も高い「私は光になりたい」など8曲を収録。さらに特筆すべきは1964年1月〜2月に初来日する直前の63年11月22日に録音した自伝的大作「追われる身のパジャドール」を収録したこと。37分近い長尺ゆえに敬遠されがちで、これまで8枚組のユパンキ全集の特典盤として1992年に一度リリースされただけだが、ユパンキを知る上で避けては通れない重要な名曲名演です。

01. インポシーブレ
02. 私は光になりたい
03. 夕暮れ
04. 北部コルドバ
05. 天使たち
06. 年老いた葦色の愛馬
07. おじいさんの歌 その2
08. エル・ベンタハオ
09. 微笑みつつ幼な子は眠る
10. 人夫たちのマランボ   
11. わが愛のギター
12. 追われる身のパジャドール

2018年1月31日発売
ATAHUALPA YUPANQUI/ 1963 - 1966
レンタルサーバーASJホスティングサービス