ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
 <来日アーティスト・コーナー>
 ◆サンビーニャ・クラシックス Special Price 1000
 ■ベスト・アルバム2017 選出タイトル
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売】予約受付中の国内盤ムスタファ・オズケント/ファンク・アナトリアン
商品分類一覧トルコライス・レコードM-Oムスタファ・オズケント/ファンク・アナトリアン
ムスタファ・オズケント/ファンク・アナトリアン
商品名:

ムスタファ・オズケント/ファンク・アナトリアン

メーカー型番: AYR-22037  
価格: 2,200 円(税抜)+税
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年2月4日発売予定
ターキッシュ・サイケデリック・ファンクの襲来再び!

 いまから約10年ほど前にUKのレーベル“Finders Keepers”からリイシューされ話題になったのが“Gençlik ile elele”(1973年作品)でした。“ターキッシュ・サイケデリック・ファンク”の名盤として知られたそのアルバムの名義人となっていたのが、ギタリスト/アレンジャーとして長年活躍してきたムスタファ・オズケント。その彼がなんと44年ぶりに、“Gençlik ile elele”と同じようなコンセプトのソロ・アルバムを発表してくれたのだからビックリです!
 60年代からイスタンブルのラジオ局においてジャズやタンゴの専属バンドのメンバーとして活動を開始したムスタファは、73年の“Gençlik ile elele”をはじめとするソロ作品をこれまでに15作品ほどリリースしてきた大ベテランの音楽家。ブリュッセルにてピアノの演奏と和声を学んだという彼は、これまでに北米や西欧などでコンサートやテレビ番組に出演するなど、世界を股に掛けた活躍をみせてきました。さらにアレンジャーとしてトルコの様々なアーティストを手掛けるなど、裏方としても手腕を振るってきました。
 そんなムスタファがトルコのロック・レーベル“Hammer Muzik”で制作したのが、本作『ファンク・アナトリアン』です。録音はベルギーのブリュッセルで敢行。彼が弾くサイケなエレクトリック・ギターをメインに、クロスオーヴァー時代のスティーヴ・ガッドのようなテクニカルなドラムズ、その隙間をセンスよく埋めるパーカッション、ファンキーなグルーヴでグイグイと引っ張るエレクトリック・ベース、そして控え目ながらツボを押させたエレピやシンセなどがフィーチャーされた本作は、最高のアナトリア(小アジア)のファンク作品といった趣。もちろんトルコならではのエスニックなメロディラインが中心ですが、そこにはロック、ジャズ、ファンクといったオーソドックスなものからアヴァンギャルド、インプロ、サイケ、ニューエイジ…と様々なジャンルの要素が見え隠れします。サウンド・コンセプトも、70年代のアナログ時代を意識している感じで、ピッチの緩いスネアのオープン・ロールの音や、アナクロな歪みやエコーを用いたギターの音色など、細かい部分までファンを唸らす演出が施されています。
 ガイ・ス・アクヨルやババズーラのファンにも共鳴しそうなターキッシュ・サイケ・アルバム!是非とも注目してください。

トラックリスト
1. KASAP
2. ÇİĞDEM
3. KARADENİZ
4. BİLEZİK
5. KONYALI
6. ÇOKERTME
7. MİSKET
8. ADANALI
9. ÇİFTETELLİ
10. ROMAN



2018年2月4日発売
MUSTAFA OZKENT/ FUNK ANATOLIAN
レンタルサーバーASJホスティングサービス