ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【国内盤新譜】過去1年分の新発売アイテム2019年3月発売ジェイ・マクシャン/ライブ・イン・トーキョー・1990
商品分類一覧北米ライス・レコードJ-Lジェイ・マクシャン/ライブ・イン・トーキョー・1990
ジェイ・マクシャン/ライブ・イン・トーキョー・1990
商品名:

ジェイ・マクシャン/ライブ・イン・トーキョー・1990

メーカー: T2 AUDIO  
メーカー型番: T2AUDIO-101  
価格: 2,500 円(税抜)+税


このエントリーをはてなブックマークに追加
チャーリー・パーカーを見出した伝説のカンザス・ジャズ&ブルース・マン!
幻の日本公演が29年の時を経て蘇った!


 新進気鋭のレーベル“T2 AUDIO”から、ジャズ/ブルースのファンにお勧めの作品が登場することになりました。なんと知る人ぞ知る偉大なピアニスト、ジェイ・マクシャンが1990年に行った日本公演の模様を記録した貴重な音源がリリースとなります。
 ジェイ・マクシャン(1916-2006)はアメリカ・オクラホマ州マスコギーで生まれています。地元のバンドでピアニストとして活動をした後、1936年にカンザスシティに移って自身のビッグ・バンド(Jay McShann Orchestra)を結成しますが、なんとそのメンバーには後にビバップの誕生に大きく関わった偉大なサックス奏者チャーリー・パーカー(1920-55)が参加していました。さらに42年にはこのバンドでニューヨークへ進出して注目を浴び、その名前が一躍知られるようになりました。また60年代後半以降はシンガーとしても人気が高まるようになり、90年代の終わりごろまでレコーディングとツアーを精力的に続けてゆきました。
 そんなジェイ・マクシャンが1990年に自身のトリオで来日し、唯一行った東京公演の模様を収録したのがこのライヴ・アルバムです。ガーシュインの「But Not For Me」、エリントンの「In A Sentimental Mood」といったお馴染みのスタンダードでライヴはスタート、カンザスシティに纏わるメドレーではパーカーとの共作「Jumpin’ the Blues」をはさみ、さらに「Georgia On My Mind」「All Of Me」ではいぶし銀のヴォーカルも披露。ラストの「Cute」まで熱のこもった演奏を聴かせてくれます。なおエンジニア/プロデュースはT2 AUDIOを主宰する坪井義幸氏が担当、この貴重なライヴを素晴らしい音質で録音してくれました。この度ジェイ・マクシャンの遺族から了解を頂き、このアルバムの発売に漕ぎ着けました。
 ジャズ・ピアノやブルース・ヴォーカルを愛する全ての音楽ファンにお勧めしたい1枚です。

メンバー
Jay McShann : Piano & Vocals
Lynn Seaton : Bass & Vocals
Chuck Riggs : Drums
 
トラックリスト
1. But Not For Me
2. In A Sentimental Mood
3. Kansas City
4. Moten Swing
5. On A Clear Day
6. Jumpin’ the Blues
7. Georgia On My Mind
8. All Of Me
9. Cute

2019年3月10日発売
Jay McShann/ Live in Tokyo 1990
レンタルサーバーASJホスティングサービス