ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売予定の国内盤】アントニス・アントニウ/キスメッティン ~ 運命(CD)
商品分類一覧ヨーロッパライス・レコードA-Cアントニス・アントニウ/キスメッティン ~ 運命(CD)
アントニス・アントニウ/キスメッティン ~ 運命(CD)
商品名:

アントニス・アントニウ/キスメッティン ~ 運命(CD)

メーカー: ライス(AJABU!)  
メーカー型番: AJR-3102  
価格: 3,300円(税込)
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年2月12日発売新譜
キプロスの才人:アントニス・アントニウが描き出す苦難の島の音楽的ポートレートと自由への希望

 地中海東端に浮かぶ島国:キプロス共和国。昨年8月、同地の伝統音楽を継承/刷新するトリオ・グループ:ムッシュー・ドゥマニが来日を果たし、キプロス伝統の音とダークなサイケデリック・テイスト、アナドル・ロックなどの要素をミクスチュアした独自の音世界を披露したということは、まだ記憶に新しいところです。エーゲ海の伝統を想わせるダンサブルなリズムと、ギリシャとトルコが混交した旋律、サイケデリック・ロック風のアレンジ、そして電化したジュラス(ギリシャのブズーキを小型化したもの。ルーツはトルコのサズー)、トロンボーン、アクースティック・ギターという珍しい編成によって、ヨーロッパのオーディエンスのみならず日本のワールド・ミュージック・ファンの心もしっかりと掴んだ彼らですが、そのユニークなサウンドをクリエイトする中核となっているのが、グループ・リーダー/ヴォーカリスト/ジュラス奏者のアントニス・アントニウ。ムシュー・ドゥマニのほか、ギリシャのブルースとも形容される大衆音楽〈レンベーティカ〉をサウンドの基盤に置いたミクスチュア・ミュージック・グループ:トリオ・テッケも主導している彼ですが、近年はソロ・ワークにも着手し、さらに精力的な活動を展開させています。
 今回ご紹介する作品は、そんな彼のファースト・ソロ・アルバム『キスメッティン〜宿命』(2021年オリジナル・リリース)。発売当時、トランスグローバル・ワールド・ミュージック・チャート、ワールド・ミュージック・チャート・ヨーロッパで1位を獲得し、各有名音楽誌などでも絶賛された一枚です。
 アルバム・タイトルにある’KKISMETTIN’とは〈運命〉を意味し、キプロスに住むギリシャ系、トルコ系、両民族の共通言語として定着しています。歌詞の内容としては、キプロスが抱えるギリシャ対トルコという民族的分断問題、政治的対立、腐敗政治などがテーマ。様々な苦難に喘ぐ故郷の現状を音楽的ポートレートとして焼き付けると同時に、平和や自由、安らぎへの模索も行われています。サウンド面はキプロスの伝統的なサウンドに、ロック、クラシック、ジャズ、アヴァンギャルド、サウンド・アートが融合された、アントニスらしいミクスチュア・サウンド。アナログ・シンセサイザーの刺激的な響きとエッジの効いたギター・リフ、そしてパーカッション楽器として導入された〈錆びたドラム缶〉の刻む力強いビートがアクセントとなっています。昨年、弊社より国内盤としてリリースした彼のセカンド・ソロ・アルバム『スローイズマ』(ライス・レコード AJR-3098)は、ダークでヘヴィー、エレクトリックでエッジーというイメージが濃厚な作品でしたが、本作では色彩感覚/民族色豊かなメロディ・ラインも散見され、アクースティック楽器演奏も多用。ムシュー・ドゥマニのファースト・アルバム『グリッピー・グラッパ』(2013年リリース サンビーニャ・インポート MNSI-6067)にも通ずるようなフォーキーで軽やかな要素があるという部分も魅力の一部となっています。是非、ご期待ください。

●日本語解説/帯付き

トラックリスト
1. Livanin
2. Ttappa Kato (ft. Andreas Neocleous)
3. Kkismettin
4. Angali
5. Yelia je Ttelia
6. Barıs
7. Doulia
8. Varella
9. Djinourkes Meres
10. Achtina (ft. Efthymia Alphas)



2023年2月12日発売
ANTONIS ANTONIOU / KKISMETTIN
レンタルサーバーASJホスティングサービス