ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売】予約受付中の国内盤ジ・オムニヴァーサル・イヤケストラ/ル・マリ 70(CD)
商品分類一覧アフリカライス・レコードM-Oジ・オムニヴァーサル・イヤケストラ/ル・マリ 70(CD)
ジ・オムニヴァーサル・イヤケストラ/ル・マリ 70(CD)
商品名:

ジ・オムニヴァーサル・イヤケストラ/ル・マリ 70(CD)

メーカー: ライス(Trikont)  
メーカー型番: INR-7202  
価格: 2,700 円(税抜)+税
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月13日発売新譜
サリフ・ケイタも参加! ベルリンのブラス・オーケストラが70年代マリ音楽のトリビュート作品を発表!

 ドイツで最も古いインディー・レーベルとして知られ、独自の視点の復刻作品や新録作品を数多く世に送り出してきたトリコント(Trikont)が、アフリカ音楽ファンに向けて素晴らしい新録作品をリリースしてくれました。
 本作でメインを務めるのは、12名のブラス楽器奏者にギター、ベース、ドラムズの総勢15名からなる大所帯バンド、ジ・オムニヴァーサル・イヤケストラ。ドイツ・ベルリンにて2011年に結成され、毎週月曜日にライヴを行うことをモットウに活動を続けてきました。これまでにペリー・ロビンソン(クラリネット)、ギュンター・ハンペル(ヴィブラフォン)といったジャズ演奏家のほか、グナーワのゲンブリ奏者マアレム・マハムード・ガニアと共演を果たすなど、幅広い音楽性を展開してきた彼ら。そのサウンドには、ジャズはもちろん、アフロ・ビート/アフロファンク、そしてマンディンゴ音楽の要素も随所に感じられます。そんな彼らが2018年からスタートさせたのが“Le Mali 70”というクラウドファンディング・プロジェクトで、これは2019年の1月〜2月の間マリに赴いて、今では伝説的な存在となった70年代のマリ音楽を彩ったビッグバンドの音楽を探求し、共演録音を行うというものでした。
 本作は、そんなプロジェクトによって現地のレジェンドたちと邂逅し、ジャズやアフロビート風のアレンジを中心とした共演を記録したもの。冒頭はマリ南東部の都市シカソで結成され、国営レーベル〈クンカン〉から作品も出していたル・ケネ=スタール・ド・シカソが登場し共演。それに続くは、70年代のマリが誇った最大のグループ、レイル・バンドにサリフ・ケイタが参加した際初めて歌ったとされるナンバー「Badiala Male」で、ここでは何とサリフ本人のリード・ヴォーカルで聴かせてくれます。その他、ソリ・バンバ率いるカナガ・デ・モプティ楽団、ル・ミステレ・ジャズ・ド・トンブクトゥといった〈クンカン〉に録音を残したグループ、サリフと肩を並べるほどの大物音楽家シェイク・ティジャーン・セックが参加したトラック、さらにギネア国営レーベル〈シリフォン〉にも作品を残した伝説のグループ、シュペール・ビトン・ド・セグーのナンバー、そして最後はやはりサリフが在籍したレ・アンバサドゥールの「Salimata」を再びサリフのメイン・ヴォーカルで締めくくります。
 まさに70年代マリ音楽への強烈なトリビュート作品といえる本作。アフリカ音楽ファンは必聴でお願い致します!

●日本語解説/帯付き

トラックリスト
1. Fitriwale
2. Badiala Male
3. Gambari
4. Wale
5. Watjoro
6. Batumanbe
7. Chie
8. Apolo
9. Kulukutu
10. Salimata



2020年12月13日発売
THE OMNIVERSAL EARKESTRA / LE MALI 70
レンタルサーバーASJホスティングサービス