ホーム
ホーム
ログイン
ログイン
新規登録
新規登録
カートの内容
カートの内容
お支払方法
お支払方法
法定表記
法定表記
個人情報保護
個人情報保護
いらっしゃいませ
ゲストさん

詳細検索
特売企画
商品分類
商品一覧
携帯サイトURL
商品分類一覧【近日発売】予約受付中の国内盤クロノス・クァルテット、リンデ・エッカート、バネッサ・ヴォー/ミライ(CD)
商品分類一覧クラシック音楽サンビーニャ・インポートクロノス・クァルテット、リンデ・エッカート、バネッサ・ヴォー/ミライ(CD)
商品分類一覧スミソニアン・フォークウェイズサンビーニャ・インポートクロノス・クァルテット、リンデ・エッカート、バネッサ・ヴォー/ミライ(CD)
クロノス・クァルテット、リンデ・エッカート、バネッサ・ヴォー/ミライ(CD)
商品名:

クロノス・クァルテット、リンデ・エッカート、バネッサ・ヴォー/ミライ(CD)

メーカー: サンビーニャ・インポート(Smithsonian Folkways)  
メーカー型番: FLSI-5607  
価格: 2,750円(税込)
[予約販売]     


このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年5月29日発売新譜
クロノス・クァルテット最新作は「ソンミ村虐殺事件」をテーマにヴェトナム戦争の恐怖と悲劇を描き出したオペラ作品

 1978年よりサンフランシスコを拠点に活動している弦楽四重奏団クロノス・クァルテット。これまで彼らは、古典以前のクラシック、ミニマル・ミュージックなどの現代音楽の演奏に加え、タンゴ、民俗音楽、さらにはジャズ、ロック、エレクトロニックをはじめとするポピュラー・ミュージックとのクロスオーバーに取り組むなど、弦楽四重奏団としてはあまり前例のない試みで注目を集め、その無限の可能性を私たちに明示してきました。
 そんな彼らの最新作は〈オペラ〉。1968年ヴェトナム戦争中に起きた実在事件「ソンミ村虐殺事件」をテーマに、ジョナサン・バーガー作曲/ハリエット・スコット・チェスマン台本によって描かれたオペラ作品『ミライ(Mỹ Lai,)』を取り上げています。今回の作品ではライヴ・パフォーマー:リンデ・エッカートによるヴォーカル、そしてカリフォルニアを拠点に活動するヴェトナム人女性音楽家/16弦箏〈ダン・チャイン〉奏者バネッサ・ヴォーによる演奏をフィーチャーし、生々しく鬼気迫る音世界を構築。彼らの持つ前衛性と政治性、そしてヒューマニズムが未だかつてないほど前面に押し出された一枚へと完成されました。
 「ソンミ村虐殺事件」は、ベトナム戦争中の1968年3月16日、アメリカ軍兵士がヴェトナム・クアンガイ省ソンティン県ソンミ村で非武装のベトナム人住民を虐殺した事件。無抵抗の村民504人(男性149人、妊婦を含む女性183人、乳幼児を含む子供173人)を無差別射撃などで虐殺し、集落は壊滅状態、生存者はわずか3人という大惨劇でした。
 ヴェトナム語による独唱から開始される冒頭,蓮¬瑛悗らアヴァンギャルド、室内楽、ブルース、そして再びアヴァンギャルドへと変化。ケオティックな音作りや計算し尽くされた楽曲構成から生み出されるヴィジュアル・イメージは強烈で、彼らのストーリーテラーとしての手腕に度肝を抜かれます。△任魯凜ーによるトゥルン(ヴェトナム伝統の竹製の木琴)やヘリコプターの旋回音なども織り込み、さらに緊迫感が上昇。現代音楽、ヴェトナム伝統音楽から電子音楽に至るまで多様な音楽要素を盛り込みながら、ファースト・トラックからラスト・トラックに至るまで、恐怖と絶望感、そして悲しみに満ちたサウンド・スケープを展開させています。まさに聴く人の胸をえぐり、心の深部を揺さぶるような強烈な音の洪水。クロノス・クァルテットにとっても屈指の重要作品となったということは間違いありません。
 戦争について、そして音の持つ力について、今一度深く考えさせられる作品です。

●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。

トラックリスト
1. Mỹ Lai Lullaby
2. First Landing: Flight
3. First Landing: Descent
4. First Landing: The Ditch
5. Second Landing: Hovering
6. Second Landing: Bunker
7. Third Landing: Postcard
8. Third Landing: Fishing



2022年5月29日発売
KRONOS QUARTET, RINDE ECKERT, VÂN-ÁNH VANESSA VÕ / MỸ LAI
レンタルサーバーASJホスティングサービス